創作蕎麦屋の豆乳蕎麦

お蕎麦が食べたくなったんですが、スーパーや駅舎の蕎麦ではなく本格的なお蕎麦が食べたいので、ふと離れた所にある蕎麦屋君まで行ってきました。
2・3歳前に出来た暖簾ですが、程度を通ると相当客が入ってるのが見えてたので、テーストは良いハズ。

プログラムを見ると、五目・月見・揚げ物・おろしなどの定型プログラムももちろんあるんですが、創作関係プログラムの多さが気になりました。
豆乳蕎麦とか家族蕎麦(画像を見るに家族丼みたいなお蕎麦)なんて賜物から、カルボナーラ蕎麦とか乾きカレー蕎麦なんてそれはどうなの、って洋風な賜物まで。
どうも創作蕎麦を売りにした暖簾だったようです。

そこまで厳しくはならないだろうと、セオリーさを重視して豆乳蕎麦を頼んでみたんですが、豆乳鍋の締めにお蕎麦を入れた感じの人懐っこいお蕎麦。
そこそこ豆乳汁の美味と香りが強くて、思ったよりはなはだおいしい。
ですが、豆乳の香りでお蕎麦の香りは隠れ傾向でした。

テーストは大いに良かっただけにわずか残念ですね。
それでもこれなら他のお蕎麦も美味しそうですし、今度は蕎麦の香りが楽しめそうな創作蕎麦を食べに行きたいと思いました。マイナチュレの口コミをみて買いました

F1- WORLD CHAMPIONSHIP

近頃までF1の人気が低迷して行く中央、また人気が戻って来ていて、今年はそれほど注目の時です。
名門マクラーレンと、世界でも言い方の知れている日本の銘柄、ホンダがポイントを取り合い、マクラーレン・ホンダが誕しての参戦2時目線の伸びと、いつか乗員ワールドチャンピオンにもなった要素のある2人、最高のドライビングテクニックを持つフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンだ。
乗員ワールドチャンピオン2連覇中央のメルセデス組織仲間入りのルイスハミルトンに、同じくメルセデス組織仲間入りニコ・ロズベルグ。
ニコは本人初の2016時のワールドチャンピオンに最も近いとも言われている。
一層、名門フェラーリ仲間入りのセバスチャン・ベッテルが、昨年メルセデスに迫るが追い抜けないが、本年こそはとその名門復古と伸びが注目の組織。
そうして、要注目のレッドブルレーシングだ。
昨年までどの組織も、メルセデスの勢力には真正面からは勝てない中央、今年のモナコGPでメルセデスに、スゴイ速さを魅せつけて予選1程を獲得し、力を示したレッドブルレーシング。
マシンのポテンシャルは、どの組織より厳しく、こういう組織は、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンの新クラス乗員でワールドチャンピオンを狙う。
他にも組織は沢山あるが、これらの組織としての最新の腕前勢力、乗員の技術がより興奮させる。
最高のマシンなのか、最速の乗員なのか、最強の組織なのか、どれがチャンピオンになるのか、目下とにかく注目するのが、F1 WORLD CHAMPIONSHIPです。あごニキビの対策は、専用クリームを塗るといいでしょう

不体調そうな塩梅の友人のことが気になっています

若い頃に渡米し、必須で大エライ同年代の傍らがいます。40歳をさっと超えた昨今、亭主は各週のように世界中に視察する生活を送っているようです。訪れた世界で山盛りフィルムを撮影しては、某ソーシャルネットワーキングサービス上で盛んに寄稿しています。自分としては、各種国のコンディションが見られるので、亭主の寄稿を毎度楽しみにしています。
しかし先日、少し気になってしまうことがあります。自撮りフィルムに写った亭主の性質を見ると、次第に不現役みたいになってきているのです。ベスト気にかかるのは太り容態です。ハイスクール時代から潜りで鍛えた筋肉質の身体は、見る面影も無くブヨブヨに太ってしまいました。顔色の悪さも目立ちます。人肌の色調がどす黒く、目の下にはクマができています。その上、白髪も増えました。若い頃から割合白髪が多かったのですが、今では40お代初期にしてヘアが概ね白髪となっています。ヘアの量もがっくりと減りました。
先日、亭主には両者眼の赤ん坊が生まれたばかりです。依然元気でいるニードのある亭主の現役を、俺はひそかに案じています。m字ハゲは、育毛剤しかありません

F1- WORLD CHAMPIONSHIP

ここ最近までF1の期待が低迷して行くインナー、また期待が戻って来ていて、今年はとりわけ注目のご時世です。
名門マクラーレンと、世界でも言い方の知れている日本のブランド、ホンダが方策を取り合い、マクラーレン・ホンダが誕しての潜入2ご時世目線の加算と、以前乗員ワールドチャンピオンにもなった項目のある双方、最高のドライビングテクニックを持つフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンだ。
乗員ワールドチャンピオン2連覇インナーのメルセデス組入会のルイスハミルトンに、同じくメルセデス組入会ニコ・ロズベルグ。
ニコは人間初の2016ご時世のワールドチャンピオンに最も近いとも言われている。
グングン、名門フェラーリ入会のセバスチャン・ベッテルが、前年メルセデスに迫るが追い抜けないが、今季こそはとその名門復活と加算が注目の組。
そうして、要注目のレッドブルレーシングだ。
前年までどの組も、メルセデスの威力には真正面からは勝てないインナー、今年のモナコGPでメルセデスに、スゴイ速さを魅せつけて予選1間近を獲得し、力を示したレッドブルレーシング。
マシンのポテンシャルは、どの組より厳しく、こういう組は、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンの新階級乗員でワールドチャンピオンを狙う。
他にも組は沢山あるが、これらの組としての最新のコツ威力、乗員のテクがグングン興奮させる。
最高のマシンなのか、最速の乗員なのか、最強の組なのか、どれがチャンピオンになるのか、現時点最も注目するのが、F1 WORLD CHAMPIONSHIPです。ミュゼの脱毛で綺麗になりました

今日から始まった、学生にとって嬉しいサービス

日本で知らない人はいないであろう一流大学である大阪大学で、一ヶ月限定で嬉しいサービスが始まりました。それは朝食を無料で提供するというサービスです。

大阪大学出身者が社長を務める食品メーカー2社が、全面協力で提供しています。朝早くから180人くらいが並ぶほどの人気でした。
これまで幾つかの大学が朝食を100円で提供するという取り組みを実施していましたが、無料での提供は大阪大学が初めてです。stockfoto_51231952_XS

大学生は教科書代や生活費、サークル活動費など様々な出費があるので、お金は不足しがちです。それゆえ朝食を摂らないという学生が多くいますが、朝食を抜くと勉強の効率が落ちるので、学生にとっては芳しくありません。

そんな中でこういうサービスがあると、早起きしてでも朝食を食べようという気になります。
また、一限は朝早いので勝手に講義を休む、いわゆる「自主休講」をする学生が一定数います。

しかし、朝食を大学に食べに行くとなれば、ついでに講義に出席しようと思うでしょう。自主休講は褒められたものではありませんが、こういった効果が期待できるのであれば、朝食の無料提供は大変いい取り組みだと思うので大賛成です。